自分でつくる ぶっかけソーメン 11種大盛り

 素麺がおいしい季節が巡ってきました。さっそくぶっかけ素麺でいただきました。
 皿に小山が築かれています。造成中にがけ崩れが発生して、美的センスには欠けています。反省!!
 具材は豪華に11種も載せています。これだけのボリュームです。おいしくないわけがありません。でも食べすぎました。満腹です。 

 最初に錦糸卵を焼きました。見習い修行中ですが、なかなかうまく焼けません。
 同じ玉子焼き機でピーマンと半分だけ残っていたナスを炒めました。パプリカの黄、赤も追加。小さく切って冷凍保存の揚げもそのまま焼きました。
 その間に、キュウリを刻み、焼き豚を刻み、オクラがあったので、それも刻み。ミディトマトを彩にして、大葉も忘れずに。
 というわけで、できあがってみると11種でした。
 それでも忘れていたのがあります。生姜です。これがなくてはピリッとしませんが、気づいたのは食べ始めたあと。面倒くさいので省略しました。

 後で食べる奥さまのために、ひと通り取っておきました。

 パスタと比べて茹で時間は短いです。沸騰すれば、びっくり水を加え、もう一度日沸騰すればOKです。氷り水で締めました。
 讃岐素麺は、うどん県の産らしく少し太めで、ムニッとした弾力とヌルっとした舌触りです。
 1束の量が、三輪素麺なんかより多いようです。1人前に2束茹でたら多すぎました。