初めての「巡礼定食」

みんなと食べる巡礼定食です。昨夜、宿泊したアルベルゲ「el palo de avellone」で夕飯も食べました。選択の余地はありませんでした。

13eurのディナーは7時からです。

まずはサラダから。

ワインは地元・ナバーラ産の赤。飲み放題です。

スープは、隣に座ったイタリア娘、リサがサーブしてくれました。

バルセロナ出身の陽気なニックが座を盛り上げてくれます。

ライスのなんとかかんとか。みんなでつまむ。

ポークリブ、ポテト添え。「イタリアでは手で食べるの」と、リサは豪快にペロリと。

テザートはティラミス。

ここまでくるのに一時間半ほど。楽しかったけれど、たいへんでした。

一番乗りでチェックインしたので、平ベッドを確保して、ゆっくりと休みました。


「初めての「巡礼定食」」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。