神戸栄光教会でバッハの「マタイ受難曲」を聴く

 日本キリスト教団神戸栄光教会です。1886年に米国人宣教師、W.R.ランバス師によって創立されました。関西学院なども創った人です。1923年に現在地に建てられた「赤レンガ教会」は、阪神淡路大震災で全壊。2004年に再建されました。

 J.S.Bachの「マタイ受難曲 BWV244」を聴きにやってきました。

 立派なパイプオルガンがありますが、きょうは使われませんでした。

 太陽光が穏やかに降り注ぐ礼拝室です。祭壇のあたりには、尖塔から取りこんだ光が降り注ぎます。

 「マタイ受難曲」は演奏時間が3時間を超す大作です。しかし、時間を忘れて聴き入りました。鼻炎が出て、対訳を見ようと下を向くとポトリ、ポトリの連続でハンカチで押さえるのに必死ではありましたが、信者でなくても心洗われる時間でした。

 昨年3月に、大阪・東梅田教会で聴いた「ヨハネ受難曲」と同じシリーズの演奏会です。畑儀文さんの指揮兼エヴァンゲリスト(福音史家)、「追っかけ」の状況になっている青木洋也さんのアルトとほとんどが同じ顔ぶれです。
 長身の青木さんのカウンターテナーは、きょうもひとり頭抜けてました。

 日本キリスト教団神戸栄光教会
 神戸市中央区下山手通4-16-1
 078-331-2286

 人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。


「神戸栄光教会でバッハの「マタイ受難曲」を聴く」への2件のフィードバック

  1. 突然失礼いたします。

    私も昨日聴きに行きました。
    マタイ受難曲は大好きな曲なので、ネットで情報を仕入れて福岡から新幹線で行きました。

    第一曲の青木さんのソプラノインリピエーノは涙ものでした。
    合唱団の方々が主催だったんですね。そう知ってしまうと、多少の粗があっても頑張っているなぁと感心してしまいました。

    歌い振りとは珍しく、オケも各パート一人ずつで、特に通奏低音はずーっと弾きっぱなしですから、みなさん厳しかったでしょう。
    それだけに一音も聞き逃せないひとときでした。

  2.  福岡から来られたのですか。
     ソプラノは学生さんで、それなりでしたが、青木さんはいつ聴いても圧倒的にすごいですね。あの声を聴くだけで値打ちがありますね。おかげでマタイ、ヨハネにすっかりはまってしまいました。

コメントは停止中です。