大阪・なんば 「TABLE あじと」の「自家製パンと野菜プレート」

 大阪・湊町の新聞社に行きました。健保組合とはまだお付き合い(任意継続)があり、診療所に血圧の薬を定期的にもらいに行ってます。帰りはすっかりと変わった「裏なんば」を散歩しました。
 「DINING あじと」の前をまっすぐ行くと、「TABLE あじと」という店ができてました。姉妹店でしょう。「自家製パンと野菜プレート」の「Bセット」(980円)にしました。ベーコンとスクランブルエッグです。
  分厚いベーコンがあぶってあります。たっぷりとマスタードをつけていただきます。とろりとした脂身がいい味です。

 サラダの人参は金時と西洋の2種類。ビーンズにレンコンと、食べごたえがあります。

 大きくカットしたバケットです。もっちりとおいしいです。

 これも外せません。Heinekenです。「東京ブラック」という地ビールがお薦めです。

 「鉄板 de ナポリタン」も食べてみたかった。

 TABLE あじと
 06-6633-1122
 大阪市中央区難波千日前8-6

 向こうには行列のラーメン屋もできてます。さらに先の行列は、むかしからある「肉吸い」で有名なうどん屋です。

大阪・なんば 「brasserie boo jr.」のタンドリーチキンと蒸し焼き野菜のランチセット

aIMG01008

 なんばでの昼飯です。なんなんタウンを久しぶりに歩きました。「自然派ワインとタンドリーチキンのお店」ができてます。
 「タンドリーチキンと蒸し焼き野菜のランチセット」(918円)を頼みました。

aIMG01001

 カリッと揚がった皮の下は、柔らかくてジューシーな肉です。上手に料理されてます。
 蒸し野菜も、オイル仕上げですが、単純に野菜の味がします。

aIMG01024

 裏側は、スパイシーな香辛料をまとってました。

aIMG00998

 グラスワインも手ごろな価格です。飲みたい。

aIMG01030

 brasserie boo jr.なんなんタウン店
 大阪市中央区難波5 なんなんタウン7号
 06-6641-1159 

人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・OCAT 「洋食喫茶犇屋」のA LUNCH

aIMG01026

 午後はなんばで会議でした。その前の昼飯です。あまり考えもせずに、久しぶりに牛が3頭、犇(ひし)めいている「洋食喫茶犇屋(ひしめきや)」です。サラリーマン諸氏やOLで混雑してます。
 何度か食べたことがある「A LUNCH」(860円)の牛肉コロッケには、肉が入っているという食感が感じられます。

aIMG00989

 コロッケ2個に、白身魚のフライです。ポテトも大き目で食べ応えがあります。

aIMG00988

 この価格で、お代わり自由のスープ(カリフラワーのポタージュ)とコーヒーまでついてリーズナブルです。同じカップというのがご愛嬌です。

aIMG01033

aIMG01036

 店頭には、肉のケースの横に1個39円のコロッケが。テークアウトしてみたいです。

 これまでの洋食喫茶犇屋

 洋食喫茶犇屋
 大阪市浪速区湊町1-4-1 OCATモール
 06-6537-9629  

人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・難波 「龍樹」の板スパミートソーセージ

caIMG8521

 5年来の「龍樹」です。ここは3~40年ほど前から、まるで時計が止まったままのようです。まるで同じでした。ミナミのど真ん中に、こんな店が健在です。
 頼んだのは「板スパミートソーセージ」です。790円という価格も変わってません(ひょっとしたらコーヒーの有無は?)。
 大昔の喫茶店のスパゲティーです。学生時代に食べたのは、こんなのでした。

caIMG8391

 鉄板の上でジュルジュルといってます。生卵をかき混ぜると、いい具合に半熟になります。それにしても年季物の鉄板です。

aIMG875

 普通のの3倍はあるかという業務用のどデカいタバスコを振りかけます。
 わたしの大好きなテレビ番組「にっぽん縦断 こころ旅」では、火野正平が自転車で立ち寄った町角の食堂で、スパゲティーにドバドバとタバスコを振り、ガブリとやってお決まりのようにゴホン、ゴホンとむせ返ります。あの場面を再現しました。

aIMG836

 野菜サラダとの選択から、熱々のコーンスープです。
 プラス100円のコーヒーもいただきました。

aIMG889

 5年前の龍樹

 龍樹
 06-6643-6775
 大阪市中央区難波3-1-27

 人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・なんば 「薬膳カレーの店 アーリオ・オーリオ」の野菜ゴロゴロカレー

aIMG_5258

 この辺りを最近は「ウラなんば」と呼ぶそうです。時間があったので、どこにしようかとブラリとしました。「あそこで」と思っていた店がなくなっていたりで、ちょっと様変わりしています。
 「薬膳カレーの店 アーリオ・オーリオ」の看板に引き込まれました。Aglio-Olioといっても、メニューにパスタはありません。看板メニューらしい人気No.1の「野菜ゴロゴロカレー」(1200円)を張り込みました。

aIMG_5254

 登場しました。ものすごいビジュアルです。
 カウンターに座って見ていると、いろんな野菜を素揚げしてます。雑穀米に2種類のカレーをかけ、どさりと野菜を。
 「きょうは20種類くらいかな。昨日まではもっと根菜類が多かったですが、きょうは葉野菜が多いのでちょっと軽いです。その日によって変わるんです」
 大阪産(おおさかもん)のネギもタマネギも。どれもあたり前ながら野菜の味がします。マイルドなカレーは、野菜に隠れてしまってわき役です。一気に食べ進みました。
 デザートにミカンがついてます。

aIMG_5244

 大きなボールに山盛りの野菜サラダまでついてます。醤油味でこれまたうまいです。

aIMG_5265

 気になったので、アーリオ・オーリオの由来を聞いてみました。
 「開店前に、肉を使わずに料理にコクと味をつける勉強をしてました。ニンニクとオリーブオイルを使って。で、そのプロジェクト名のアーリオ・オーリオがいつの間にか店名に。残念ながらこの広さでは、パスタまでは手を広げられません」 

aIMG_5270

 アーリオ・オーリオ (aglio olio)
 06-6649-6626
 大阪市中央区難波千日前7-4 スターハウスマンション 1F

 人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・なんばウォーク 「ローマ軒」のBセット

aIMG803

 なんばの昼飯です。どこにしようかとなんばウォークを歩き、東の端のほとんど日本橋までやって来ました。そこに「ローマ軒なんばウォーク店」ができてました。阪急三番街店で食べたばかりです。銀座のジャポネと、ロメスパが続きますが、好きなんですね。
 「焼きスパローマ軒おすすめセット」から「Bランチ」(780円)で、ナポリタンを選択しました。濃厚な味付けです。ケチャップたっぷりで、昔、喫茶店で食べたスパゲティを思い出します。

aP2830461

 スパゲティは200グラムと、それほど多くはありません。ちょっと写ってませんが、そこそこの大きさの海老がたっぷり入ってます。
 温めたパンが2切れ。口直しにもぴったりです。

caP2830434

 おしゃれなサラダとコーンスープもついてます。
 大盛りも魅力的ですが、セットメニューは変化に富んでいて、食べ応えがあります。。

aP2830464

aP2830467

 ローマ軒 なんばウォーク店
 06-6211-0383
 大阪市中央区千日前1 なんばウォーク3番街

 人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・難波 「グリル清起」の野菜炒め定食

aIMG680

 なんばでの昼飯です。地下鉄を降りて、真っ直ぐに向かいました。店に入ると、客はだれもいません。午後1時半に近かったけれど、どうしたことでしょうか。
 いつもの「野菜炒め定食」(970円)です。
 フライパンでベーコンを焼き、タマネギ、ニンジン、キャベツ、ピーマン、モヤシとタイム差をつけて放り込んでいきます。最後に油を振りかけてできあがり。隣のコンロで温めていた鉄板に盛ります。
 特製のタレにつけていただきます。洋食といっても、この程度の肉分で十分です。

aIMG669

 野菜を放り込んでいた時から感じていたのですが、なんだかちょっと量が減ったような?

aIMG666

 ハンバーグで有名な、古くからの洋食屋です。でも、どれもいい値をしてます。1000円オーバーは、大阪のサラメシではちょっとね。
 それに、ちょっと値上がりしてます。それが客足にも微妙に影響してるんでしょうか。、

aIMG684

 これまでのグリル清起

 グリル清起
 大阪市中央区難波4-5-8
 06-6643-6119

 人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・西心斎橋 「ニューとん助本舗」のトンカツ

aIMG461

 なんばの昼飯は久しぶりです。というか、外食そのものがご無沙汰です。午後からの会議を前に地下鉄を降りて、さてどこに? 愛読ブログに、新しい洋食店が移転オープンしたという書き込みがあったのを思い出して、とりあえずそっちに向かいました。
 「ニューとん助本舗」はすぐに見つかりました。洋食店という日本語はちょっと似つかわしくないようなきれいな店です。ゆったりとしたカウンターにオープンキッチン、2階にはテーブル席もあるようです。
 メニューも、とんかつ定食といったものは存在しません。「トンカツ」(1000円)と「ライス小」(150円)という最廉価と思わせる組み合わせを頼みました。

aIMG445

 分厚くて、カリッと揚がったトンカツが登場しました。たっぷりのソースがかかってます。濃厚な味です。ニンニクも香ります。
 ナイフで刻み、辛子を盛って食べると、トンカツ最高と実感します。
 ダブルもあります。目の前で揚がったましたが、でかい。わたしには食べきれないようなボリュームです。
 たっぷりのキャベツも、ソースをからめてきれいにいただきました。

aIMG464

aIMG473

 ニューとん助本舗
 大阪市中央区西心斎橋2-7-15
 06-6213-5815

 人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・OCAT 「洋食喫茶犇屋」の昔なつかしのナポリタン

aIMG_1246

 会社で春の健康診断でした。受診後に、朝飯がわりのパンを食べていました。なんばでの昼飯は、軽くていいと。
 「洋食喫茶犇(ひしめき)屋」に入った同僚はランチを頼んでましたが、わたし1人は「昔なつかしのナポリタン」(840円)です。
 ジュルジュルと鉄板が鳴ってます。熱々で湯気を上げてます。黄身をフォークでかき混ぜると、いっぺんに固まりました。

aIMG_1233

 「古き良き時代を思い出すスパゲティーをアツアツの鉄板でご賞味ください」とメニューに書かれています。
 昔、喫茶店で食べたナポリタンって、こんなんでしたかね。懐かしいような、かえって新鮮なような。
 フーフーしながら、汗いっぱいにしていただきました。

aIMG_1223

 スープにサラダ、食後のコーヒーまでついて、すこぶるリーズナブルです。おまけに喫煙可です。わたしは吸いませんが、横で同僚はうまそうに一服です。

aIMG_1221

 セルフでお替り自由のきょうのスープは、カリフラワーのポタージュでした。

aIMG_1248

 これまでの洋食喫茶犇屋

 洋食喫茶犇屋
 大阪市浪速区湊町1-4-1 OCATモール
 06-6537-9629  

人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・難波 「串かざり」の味噌カツ定食

aIMG_9340

 3日連続の外食で、きょうは難波です。
 地下鉄を降りて、地上へ出たところで、新しい「串かつ」の看板に出合いました。店自体は古そうなので、店名が変わったのでしょうか。
 「味噌カツ定食」(780円)がおいしそうでした。カウンターに座って調理を見ていると、角煮にする三枚肉を切ったような脂肪たっぷりの豚肉を揚げていました。

aIMG_9334

 4つに区切られた皿に、ソースと辛子を入れて待ってました。でも味噌ソースをたっぷりとまとったカツは、それだけで十分に味がついてました。ちょっと甘いですが、これが味噌カツですか。
 キャベツにもたっぷりとソースがかかっています。このキャベツも、ご飯も、おまけにカレーまでがお替り自由です。若い客が多いと思っていたら、答えはそのあたりにあったようです。

aIMG_9345

 コーヒーまでセルフで飲むことができます。おまけに喫煙自由。わたしには不自由ですが。

aIMG_9346

 「矢場とん風」とあります。調べてみたら、矢場は名古屋の味噌カツの有名店でした。

aIMG_9348

 串かざり 難波楽座店
 06-6631-1194
 大阪市中央区難波4-8-2

 人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。