Paso a paso Dos 3日目=8/27 アルガ川を下る

aimg_0621

 3日目の行程は、スビリの町を出発。ピレネーを源流とするアルガ川に沿って、最初の都市であるパンプローナに向けて25kmhほど下った。 

aimg_0641

 角の立派な羊(?)が道連れとなった。

aimg_0664

 「This isn’t Spain」。最初はこの意味がわからなかった。


amg_0610

 【06:28】
 6時半からの朝食を待った。
 このアルベルゲは朝食付き。私営で宿泊費は15€と、公営の5~6€と比べるとちょっと高い。そのためか、宿泊者には年配者が多い。

aimg_0612

 パンとコーヒー、ジュースをいただく。

aimg_0614

 ケーキや果物、ヨーグルト、シリアルと豪華版。

aimg_0620

 【06:53】
 7時出発と、ちょっと遅め。

aimg_0623

aimg_0625

 【08:20】
 5.3km歩いてララソーニャ着。橋の向こうに町はあったが、カフェや商店までは遠く、すぐに引き返す。

aimg_0631

 【09:04】
 川沿いの道を歩く。この女性2人組は、足が速くてすぐに追い抜かされるが、休憩が長い。

aimg_0638

 【09:30】
 川を渡ってスリアインに入ったところのカフェで休憩。

aimg_0634

 搾りたての生オレンジジュースがうまい。オレンジを2~3個は使ってるので1杯2€以上。ビールよりも高い。

aimg_0648

 立派な角が生えていた。

aimg_0655

 川で犬とともに泳ぐ人も。

aimg_0640

aimg_0661

 【11:33】
 暑い峠道。反対側から登ってきたおっちゃんは両手に布バッグ。荷を降ろし、商売を初めた。わたしもセブンアップで喉を潤した。

aimg_0667

 【11:58】
 パンプローナ郊外のラ・トリニダッド・デ・アレ。橋を渡ったところにアルベルゲがある。

aimg_0668

 ブルラーダまで来た。そろそろ今夜の宿を探す。
 こぎれいなホテルがあり、飛び込んだ。

 午後はカフェでのんびりと。「サイコーの一杯」に書いた。

aimg_0684

 【18:58】
 郊外の住宅地で、レストランがない。仕方なくカフェに入ると、サッカー観戦の客で大にぎわいだった。