孫娘の誕生日を祝う デコレーション寿司とナポリタン

 孫娘が3歳の誕生日を迎えました。バースデーはわが家で祝いました。
 「じーじ」からのプレゼントは、手作りのデコレーション寿司でした。初めて挑戦しましたが、カラフルななかなかの出来に満足しました。

 ダイソーで買ってきた200円のケーキ型にラップを敷き、錦糸卵を散らしました。
 すし飯の半量を押し込み、甘く煮たニンジンとシイタケで層を作りました。
 残りのすし飯で覆い、押し寿司のように詰め込みました。
 皿の上で一回転。恐る恐る型を抜くと、きれいなケーキ台ができあがりました。

 エビとトマト、菜の花を飾って完成です。
 切り分けるのは難しく、食べるときはバラずし状態でした。

 ホンモノのデコレーション・ケーキも準備していました。地元・島本の「パティスリー イル・リーブル」製です。
 甘さ控えめで、フルーツたっぷりです。

 ローソクも3本、灯しました。

 昼食は、「自分でつくる ナポリタン」でした。
 孫娘も、「チュルチュル」と喜んで食べてくれました。

 おいしいケチャップがあったので、昔の喫茶店風の懐かしい味に仕上がりました。ニンニクや胡椒は入れなかったので、わたしはタバスコをふりかけました。


「孫娘の誕生日を祝う デコレーション寿司とナポリタン」への1件のフィードバック

  1. 田谷さんのデレデレとした目尻が彷彿としてきます。さぞやお孫さん喜んだことでしょう。しかし、器用ですね。アイデアとデザイン、そしてその技量。お見事

コメントは停止中です。