自分でつくる シジミのボンゴレ・ビアンゴ

 ボンゴレはイタリア語ではアサリだったはずです。ということは、シジミ・ビアンゴで良いのでしょうか。調べてみたら、ボンゴレは2枚貝
全般を指すので、ボンゴレ・ビアンゴでも正解のようです。
 それはともかく、抜群のシジミの出汁がしみこんだパスタです。

 難点は、身を食べるのが面倒なことです。とても食べきれません。

 大きく口を開けた缶も、ジョッキ感覚で素晴らしいです。

 刻んだのは、ニンニクとイタリアンパセリだけです。
 シジミは、朝から塩水につけて砂出ししておきました。

自分でつくる たっぷりキノコのパスタ

 ビジュアルは、ちょっとごちゃ混ぜになってしまいました。キノコ3種がたっぷりです。
 お味は文句ありません。タカノツメを入れなかったので、タバスコで刺激をプラスしました。

 たまにはマツタケなんていうのも、食べてみたいものです。

 まな板があふれかえっています。

自分でつくる スキレットで和風焼きうどん

 独り、スキレットで焼きうどんにしました。だし醤油で味付けしたから和風です。
 最後にタマゴを載せました。目玉焼きになるほどには熱が加わっていません。箸でグジュグジュと混ぜると、玉子かけご飯のように広がりました。
 

 焼きそばのようなソース味もいいですが、これはこれでなかなかのものです。
 スキレット一丁で、洗い物が少ないのがなによりです。

 上の画像ではわかりにくいですが、タマネギ、キャベツに豚肉、冷凍保存されていた揚げと、それなりの具材は入っています。

自分でつくる 「すいすい」で太麺ナポリタン

 「太麺パスタ」といえば、昭和の喫茶店風ナポリタンです。ただ、茹で時間16分は、さすがに長いです。これを短縮しようと、「すいすいパスタ」で試してみました。
 ケチャップ味にもちもち・ふにゃふにゃ麺の、思い通りのお味となりました。
 フォークの画像は、湯気でレンズが曇ってしまいました。

 冷凍庫からベーコンを取り出そうとすると、カチンカチンのウィンナーソーセージが2本、見つかりました。ナポリタンにはやはり、ウィンナーですね。

 午前10時。昼飯はナポリタンをつくろうと、「すいすいパスタ」の準備をしました。
 といっても、スパゲッティをバットの水に漬けておくだけです。今回は、塩も加えておきました。

 2時間後の正午。調理開始です。十分に水を吸って柔らかくなった麺を、鍋で茹でます。まるでうどんのようです。
 温まったところで湯を切れば、スパゲティは茹で上がってました。この間、5分ほどだったでしょうか。

 本日の材料一覧です。主役は、ここには写っていないケチャップです。

自分でつくる 太麺で醤油バジリコ

 太さ2.2mm、茹で時間16分という太い「スパゲッティ」です。
 現役時代の東京出張の折によく食べた大手町ビル地下街にある「リトル小岩井」の「醤油バジリコ」を思いだしながらつくりました。
 バジリコ(バジル)といいながら大葉が入っていましたが、なかったのでベランダーのバジルを飾りました。粉チーズに隠れています。
 味付けは、鎌田のだし醤油です。これでイタリアンではなく、ニッポンの「ロメスパ(路面スパゲッティ)」の味です。 

 茹で時間16分は、さすがに長いです。
 いったんざるに揚げて湯を切ってからフライパンで炒めました。

 ピーマンがちょっと多すぎましたが、半分だけ残すのも中途半端でした。

 FB友だちのYさんがいつも紹介されている太麺です。スーパーなどでは見かけたことがありません。思いついてネット通販で調べると、ありました。
 さっそく届けてくれたのは、なんとヨドバシカメラです。そういえば大阪・梅田のヨドバシ梅田がオープンしたときは、地下に鮮魚や野菜も並ぶ食料品売り場がありました。カメラや電化製品ばかりでなく幅広い品ぞろえですね。ごていねいに「保証書」までついています。

自分でつくる 貧乏人のパスタ

 イタリアではポピュラーな「スパゲッティ・ポヴェレッロ」は、日本語にすると「貧乏人のパスタ」となるようです。
 目玉焼きにしているとはいえ、黄身がトロリとしているところは、まるで玉子かけご飯のパスタ版ですね。
 TKG大好き人間には、たまらないお味です。

 最後に黒コショウを振るのを忘れてました。それでも気づかないままに、ペロリといただきました。

 ニンニクの香りを移したオリーブオイルの上で目玉焼きをつくりました。ひとつはトッピング用に取り置き、もうひとつは裏返してよく焼き、フライパンの上でこまかくしました。パスタの茹で汁をかければソースの完成です。

 刻んだのはニンニクと、ベランダから摘まんできたイタリアンパセリです。
 パルミジャーノ・レジャーノを仕上げ段階でたっぷりと混ぜ込んでいます。
 たまご2個とチーズ。どこが貧乏人なのか、ちょっと疑問です。

自分でつくる 赤黄緑、パプリカのパスタ

 赤黄緑と信号のような3色のパプリカでペペロンチーノにしました。
 タマネギも入れたので、甘みも広がります。つくり慣れた安定の味です。

 京都・伏見のじねんと市場で買っていたかわいいパプリカです。緑も欠かせないので、ピーマンを追加しました。

 久しぶりに良い天気です。エアコンを効かせた部屋でいただきました。

自分でつくる 初めての簡単ピザ

 五輪が終わり、テレビの前から解放されました。ちょっと寂しいです。
 手持無沙汰なので、ピザづくりに挑戦しました。ネットで検索した「簡単ピザ」です。
 それらしい出来栄えにはなりました。中心部分がちょっと粉っぽいのと、もう少し薄くてカリッとしているのが好みです。

 「中力粉をまぜて」と、ピザが得意な娘婿が話してました。でも、そんな名前の小麦粉は、スーパーでは見つかりませんでした。
 レシピをみてわかりました。強力粉と薄力粉をまぜるだけのことのようです。比率は、レシピによってバラバラです。
 わたしは1:1(50g+50g)にしました。
 イーストではなくベーキングパウダーを使っているので、発酵不要です。

 2つの小麦粉とベーキングパウダー、塩をよく混ぜます。
 牛乳60ccとオリーブオイル大さじ1を入れます。
 ひと塊になり、しっとりするまで練り込みます。
 ラップをして10分ほど休ませます。これで準備完了です。

 トッピングは、冷凍保存のトマトソースを解凍して、ベーコン、タマネギなんかを刻みました。

 クッキングシートの上で延ばします。麺棒にまとわりついたりで、なかなかうまく延ばせません。
 この作業を娘婿は手際よくこなします。ピザ屋でアルバイトをしていたことがあるそうです。

 具材をトッピングして、彩に欠けることに気づきました。ピーマンを輪切りにして飾りました。

 クッキングシートごとオーブンで8分ほど焼くと、完成しました。

自分でつくる スキレットで簡単和風ペペロンチーノ

 スケボー女子の金銀を見ながら食べたパスタです。
 すいすいパスタを、スキレットだけを使って調理して、そのままいただきました。パスタを茹でる鍋、ソースをつくるフライパン、でき上がりを盛りつける皿の3役を、スキレット1丁で済ませました。
 ペペロンチーノの最後に、だし醤油をひと回ししたので、和風テーストです。

 パスタを1時間ほど水につけておきました。すいすいパスタはアウトドアだけでなく、家でやっても茹で時間の時短調理となります。

 パスタを同量の水と火にかけると、すぐにあめ色に変化して、茹で上がりとなります。
 同じスキレットで、いつものペペロンチーノのソースをつくり、パスタを戻しました。水分を調整する茹で汁がないので、白ワインを加えました。

 用意したのは、エリンギ、ズッキーニ、タマネギ、ベーコンです。

自分でつくる ごま油香る なすと豚バラのつけそうめん

 スマホを触っていると、kurashiruの「ごま油香る なすと豚バラのつけうどん」がヒットしました。さっそく昼飯に挑戦しました。
 オリジナルは、もっと汁が多く、熱いままのつけ麺のようです。わたしは冷製パスタのソースにしようと、汁を少なくして冷蔵庫で冷やしておきました。
 いざ、食べる段階になった細いパスタ、カッペリーニを取り出すと、消費期限が1年もオーバーしていました。大丈夫でしょうがさすがに敬遠して、隣にあった讃岐素麺にしました。
 当初計画の変更で、汁気が少ないです。でもうまさに変わりはありません。タイトル通りにゴマ油と豚肉のいい味が出た、濃厚麺を楽しみました。 

 ごま油で豚肉となすを炒め、濃い目に希釈した麺つゆで煮込み、みりんを垂らしただけです。
 粗熱をとってガラス容器に移し、冷蔵庫へ。
 食べるときは、もう少しましな容器に移せばよかったのですが、面倒なのでそのままです。

 豚肉は肩ロースの残りが冷凍されていました。
 ナスを刻むだけの簡単レシピでした。