自分でつくる ルッコラのペペロンチーノ

 ベランダのルッコラが、食べごろに成長しました。ペペロンチーノにしていただきました。
 ちょっとほろ苦いルッコラが、いい香りです。
 ニンニクをたっぷりと効かせて、安定のお味です。

 ルッコラは、冷蔵庫にストックされていました。実はこちらを使いました。
 朝食で、トーストに生ハムとルッコラを載せていただくのが、マイブームです。

 ベランダのルッコラは、直播きしなかったのがかえって悪かったようです。育ったのは2株だけです。
 成長を楽しみにしてきただけに、ペロリと食べてしまうのが忍びなかったのです。

インドアでも メスティンで食べる鶏そぼろ丼

 しばらく山に行ってないなと、空を眺めます。きょうも雨です。
 父の日にプレゼントされたアルミ製の携帯テーブルが使ってみたくて、鶏そぼろ丼をメスティンに盛りました。
 即席スープは、シェラカップにいれて、湯を注ぎました。
 気分だけでもアウトドアです。

 鶏そぼろが冷凍されていました。電子レンジで解凍しただけです。

 メスティンでご飯を炊いたわけではありません。炊飯器の炊き立てご飯をたっぷりと盛りました。
 独り、お弁当ですっかり満腹です。

孫娘と食べる ナポリタン・スパゲッティ

 孫娘がわが家にやって来ました。コロナ以来、初めてのことです。
 じーじ、ばーばは2度目のワクチン接種から3週間が過ぎました。もう大丈夫でしょう。娘夫婦が職域接種に出かけるためのお預かりでした。
 昼飯は、「大好き!」というスパゲッティにしました。

 孫娘の皿はパスタ40㌘ほどでしょうか。ペロリと平らげてくれました。
 警戒して隅に置いたバジルも、「おいしい」と。

 トマト・ソースは、前の日から仕込んでいました。
 お子さま向けに、ちょっと甘めです。もちろん、タカノツメは入れていません。トマトの味が素敵な、濃厚味でした。
 バジルとイタリアンパセリは、孫娘がベランダのプランターから摘んできました。

 知り合いから自家栽培の野菜をドサリといただきました。採りたてのトマトが瑞々しいです。

 トマトを湯むきします。
 オリーブオイルにニンニクの香りを出し、タマネギを炒めます。
 トマトに塩、コショウ、砂糖、白ワイン、スープの素を入れて煮込みます。
 トマトが柔らかくなったところで、マッシャーで潰します。
 20分ほど煮込めば完成です。

 トロリとしたいい色に仕上がりました。

そばのつぼみ膨らむ 自分でつくるパスタを飾る

 蕎麦屋でいただいてきたそばの種を蒔いて20日です。高さ20センチほどに育った葉の間から、白いつぼみが膨らんできました。もうすぐ開花です。

 ポットに種を蒔いて、間引きをしないでほったらかしになってました。それにしてもすごい成長力です。

 蕎麦を蒔く ベランダのにぎわいに

 こちらは隣のプランターのバジルです。上の方に白い花が咲いています。

 ちょっと間引いたそばをパスタの飾りにしました。
 ベーコンにズッキーニ、ナス、タマネギ、赤パプリカをいれたパスタです。

 そばの葉は、残念ながらそばの味も香りもしませんでした。

自分でつくる ぶっかけソーメン 11種大盛り

 素麺がおいしい季節が巡ってきました。さっそくぶっかけ素麺でいただきました。
 皿に小山が築かれています。造成中にがけ崩れが発生して、美的センスには欠けています。反省!!
 具材は豪華に11種も載せています。これだけのボリュームです。おいしくないわけがありません。でも食べすぎました。満腹です。 

 最初に錦糸卵を焼きました。見習い修行中ですが、なかなかうまく焼けません。
 同じ玉子焼き機でピーマンと半分だけ残っていたナスを炒めました。パプリカの黄、赤も追加。小さく切って冷凍保存の揚げもそのまま焼きました。
 その間に、キュウリを刻み、焼き豚を刻み、オクラがあったので、それも刻み。ミディトマトを彩にして、大葉も忘れずに。
 というわけで、できあがってみると11種でした。
 それでも忘れていたのがあります。生姜です。これがなくてはピリッとしませんが、気づいたのは食べ始めたあと。面倒くさいので省略しました。

 後で食べる奥さまのために、ひと通り取っておきました。

 パスタと比べて茹で時間は短いです。沸騰すれば、びっくり水を加え、もう一度日沸騰すればOKです。氷り水で締めました。
 讃岐素麺は、うどん県の産らしく少し太めで、ムニッとした弾力とヌルっとした舌触りです。
 1束の量が、三輪素麺なんかより多いようです。1人前に2束茹でたら多すぎました。

自分でつくる 夏野菜のフジッリ

 夏野菜をサイコロ状に刻んでフジッリのソースにしました。
 トマト、ナス、ピーマン、赤、黄色のパプリカ、ズッキーニです。
 オリーブオイルにニンニクとタカノツメの香りを移し、ベーコンを炒めます。そこへ野菜を放り込んで、パスタの茹で汁で煮込みました。トマト・ペーストも入れたので、赤っぽくなっています。
 元気よく育っているバジルを摘んできて飾り、チーズを振りかければ完成です。
 フリッジは、しっかりと食べ応えがあります。ソースもうまく絡みついています。

 冷蔵庫からかき集めた野菜のオールスターズです。

自分でつくる ニンジン葉とベーコンのパスタ

 京都・伏見の「じねんと市場」で買った好物のニンジン葉と、おいしいベーコンがあります。これだけあれば、激うまパスタは確定です。
 予想通りに、ニンジン葉の香りがアクセントになったフォークの進むパスタになりました。

 ニンジン葉は、湯がいたりはせず、オリーブオイルのパスタソースの最後に直接、放り込みました。

 たった100円のニンジン葉です。これのゴマ和えがたまりません。見つけると、手が出ます。
 じねんと市場は、地元栽培野菜などが並ぶ農産物直売所です。リタイア後、農業に転じた会社時代の先輩が、「もうすぐ万願寺とうがらしを出しますよ」とおっしゃていました。それを期待してましたが、まだ並んでませんでした。
 万願寺とうがらしが手に入ったら、そのパスタもつくらねばなりません。

 じねんと市場
 京都市伏見区竹田青池町125
 075-646-0831

自分でつくる ソラマメのパスタ

 ソラマメがおいしいシーズンです。パスタにしました。
 アクセントに黒コショウを振りました。タバスコなんか不要です。

 ソラマメは焼くのが、一番うまみが残るようです。
 レンジで5分ほど焼き、熱々の皮をむきました。

 1.6ミリのパスタです。紙箱のパッケージです。「地球のために」と書かれています。
 スーパーなどで普通に売っている「バリラ」のパスタです。4月から、これまでのプラスチック袋から紙箱に代えたそうです。

 1昨年秋、ウイーンのホテルで食べようと買ったパスタです。そのまま持ち帰りましたが、すでに紙箱でした。
 
 午後から町の集団接種会場でコロナウイルス・ワクチンの1回目の接種を受けました。針が刺さるときに一瞬、チクリとしただけで、あっという間に終わりました。接種後15分は会場で待機しましたが、何も起こらず解放されました。

自分でつくる ひと口かつリメークかつ丼

 ひと口かつが残っていました。昼飯はかつ丼にしました。
 小さなフライパンに醤油、みりん、白だし、砂糖、水をいれてタマネギを柔らかく。煮立ったところにトースターで温かくしたかつを放り込み、たまごは2個を奮発しました。
 ベランダのポットから三つ葉をちぎってきて、あしらいにしました。
 ナスと揚げのみそ汁もつくって、かつ丼定食の完成です。

 出汁に入れる清酒がなかったので、ちょっと辛くなりましたが、ぺろりと平らげました。

 スタートは、このひと口かつでした。昨夜、わたしが揚げました。といっても揚げただけ。パン粉をつけるまでの下処理は済んでました。

 白菜の漬物は好物です。七味をかけていただきます。

今夜の一献 アクアパッツァとトマトのマリネ

 おいしいトマトが手に入ったので、朝からマリネにしました。
 さっそく夕飯に登場です。甘いトマトです。ワインがすすみます。

 スタートは昨日、長岡京のスーパーで買った熊本県産のミニトマト「アンジェレ」です。

 まずは湯剥きです。
 包丁で頭に十字のカットを入れます。
 熱湯に15秒ほど入れます。
 すぐに氷水で冷やします。
 面白いように皮がむけます。

 マリネ液は、オリーブオイルにハチミツ、ワインビネガー、塩、コショウです。バルサミコ酢も隣にあったので、ちょっと入れました。すべて適当な量です。
 タマネギも刻みました。
 ジップロックに入れて冷蔵庫に寝かせておきました。

 キッチンのあちらで、ラッキョが乾燥中でした。プーンと臭います。
 これも同じスーパーで買ってきて昨夜、わたしがムキになって薄皮をムキました。まるでおサルさんです。

 さて夕食。
 まずは水無瀬で一番おいしい豆腐屋さん、いちまるの「青大豆おぼろとうふ」を冷でいただきました。山椒醤油もグッドマッチです。

 メーンは鯛のアクアパッツァです。アサリがうまみを出しています。
 これならレシピなしでつくれます。

 パヴェナチュールのバケットを、スープに浸して食べると最高です。

 きょうの午前、散歩がてらお隣、大山崎のパヴェナチュールに向かいました。ところが、早くも雨が降り出しました。あわてて逃げ帰り、改めて車で向かいました。
 日曜日とあって、次々と車がやってきて、小さな店の前にカサの行列ができていました。