自分でつくる 暗殺者のパスタ

 「暗殺者のパスタ」で独り、昼飯にしました。
 なんとも物騒なシロモノです。イタリア語でスパゲッティ・アッラッサシーナ(Spaghetti all’assassina)というそうです。「殺人級にうまい!」とか、「唐辛子の辛さが殺人級!」といったところからのネーミングのようです。
 材料はスパゲッティ、トマトペースト、タカノツメ、ニンニク、オリーブオイルに塩だけと、極めてシンプルです。
 辛さはそれほどではありませんが(タカノツメの量によります)、超濃厚味に仕上がりました。ベタベタのソース焼きそばを、トマト味に変えてような感じでした。

 「ワンパン・パスタ」をネット検索して見つけたレシピです。
 500ccほどの水にトマトペーストを溶いて、スープをつくりました。
 フライパンにオリーブオイルを垂らし、ニンニク、タカノツメで香り付けします。ニンニクがカリッとしたところで取り除いておきます。
 トマト缶の3分の1量ほどと、茹でていない乾燥状態のスパゲティ120gをそのまま入れて炒めます。

 パスタに焦げができるほど炒めるのがポイントのようです。
 トマトスープを2度に分けて加え、スパゲティがアルデンテになるまで煮込みました。

 ニンニクを戻して、汁気がなくなるまで煮込めば完成です。
 皿に盛ってから乾燥バジルをふりかけました。

 昔、大阪・ミナミのイタリア料理店で「ライフルの一撃!」というパスタを食べたことがあります。ミート系でしたが、似たようなものですかね。まだ店があるならもう一度、食べてみたいです。

自分でつくる ブロッコリーとアンチョビのパスタ

 大きく育った採りたてのブロッコリーをいただきました。アンチョビのパスタにしておいしくいただきました。
 削ったばかりのパルミジャーノ・レッジャーノを振りかけています。
 何度も作っている組み合わせです。慣れたもので、安定のお味でした。

 常連のタカノツメは、入れすぎてせっかくのアンチョビの香りが消されてしまった失敗経験があります。彩のアクセントなりますが、今回は使いませんでした。

自分でつくる 極太パスタでソース焼きスパ

 ソース焼きそばが食べたくなりました。と急に言っても麺の用意がありません。太い(2.2mm)スパゲッティならあるので、それで作ってみました。
 豚肉とキャベツ、タマネギを炒めて、麺を加えてソース味に仕上げました。加えた麺が中華そばではなく、スパゲッティだっただけです。
 お味はまるで問題ありません。麺は、中華そばのようなもっちり感はなく、つるりとしてかえって食べやすいくらいです。これもいけます。大成功でした。

 たっぷりの鰹節と青のりをふりかけました。その前の姿も確認のために押さえておきました。

 味付けはこれだけです。ウースタソースを切らしていたので、とんかつソースで代用しました。あとは塩、コショウです。

 ネット通販で購入した太いスパゲッティです。茹でるのに16分もかかります。

 

自分でつくる 刻みきつねパスタ

 冷蔵庫をのぞくと、京都・北野のとようけ屋のおいしい「おあげ」が残っていました。この揚げで「きつねうどんでも」と思いましたが、出汁からとるのはちょっとハードルが高いです。慣れたパスタにしました。「刻みきつねパスタ」です。
 揚げが、ちょっと甘めに仕上げた出汁を吸ってうまいです。パスタも出汁の中でうまく茹で上がっていました。
 タバスコではなく、七味で仕上げたパスタって、初めてでしょう。 

 ワンパンで仕上げました。
 フライパンに昆布出汁をいれ、白だし、鰹節、醤油、味りん、酒、塩、オリーブオイルをいれて沸騰させます。
 パスタを投入して、汁気がなくなるまで煮込みました。
 途中で、刻んだ揚げ、キノコ、九条ねぎを放り込みました。

 用意したのはこれだけ。食後の皿洗いも簡単でした。

自分でつくる うどん定食 栗ご飯つき

 「うどん定食 栗ご飯つき」としました。マイ食堂です。価格は設定されていません。
 自分でつくるとは、ちょっとおこがましいです。ボトルにでき上がっていたこぶ出汁に、だしの素をいれ、みりんで甘みづけ。うどんとともに温めただけです。
 なかなかのお味となりました。

 昨夜の栗ご飯は電子レンジで温めました。

 漬け物2種と鮎、のりの佃煮です。

 パスタとは顔ぶれが違います。

自分でつくる 新生姜と乾燥バジルのパスタ

 きょうも飽きずにパスタでした。
 新生姜をいただきました。ベランダのバジルも、そろそろお終いです。全部刈り取って、いつでも使えるようにと乾燥バジルにしていました。
 この両方を味わうレシピをネットで探しました。で、でき上がりました。汁気が少なく、ちょっとパサつきました。でも、大量の新生姜の辛さをうまくコントロールできて、なかなかのお味でした。

 新生姜を刻みました。一部を針ショウガにして、残りはみじん切りです。
 オリーブオイルで新生姜を熱しました。ニンニクの代わりです。茹で上がったパスタを放り込み、だし醤油で和風に味付けしました。
 トッピングは、チリメンジャコと摺りゴマ、刻みノリ、それに乾燥バジルでした。

 ベランダのプランターのバジルです。暑い夏に一度は枯れかけました。でも元気になってました。

 葉をむしり取り、よく洗って水切りしました。
 電子レンジで3分ほどチンしました。
 陽に当てて乾燥させました。
 パリパリになったのをフードプロセッサーで粉にしました。
 完成です。パスタに振りかけます。

 いただきもの新生姜です。おいしかったです。ありがとうございます。

自分でつくる 豚肉とピーマンのパスタ

 ベーコンが見つからなかったので、代わりに冷凍されていた豚ヒレ肉の切れ端を使いました。
 いただきもののピーマンは、1個では少ないかともう1本、追加しました。
 味付けは豚肉に塩コショウしただけでシンプルです。もっちりとした太いパスタは食べ応えがあります。

 粉チーズをふって、味変させました。タバスコもふりました。これで完成でした。

 

自分でつくる キノコとタマネギのパスタ

 「水曜日はパスタの日」-なんです。わたしだけの都合です。
 きょうのパスタは、たっぷりと作って冷凍していたキノコソースを使いました。シイタケ、マッシュルーム、シメジ、マイタケと4種入りです。
 16分茹での太いスパゲティに、だし醤油で味付けした和風です。

 タマネギは淡路島産です。

 茹で時間が長いので、のんびりとタマネギなんかを刻みました。
 載っているスパゲティは撮影用で、食べる分はすでに鍋の中でした。

自分でつくる おもてなしコース

 オイルサーディンのトマトパスタです。
 これを食べてもらおうと、いつもFaceBookページにおいしそうと「いいね」をくれる友だちを招きました。
 トマトソースは昨日、ゆっくりと作ってました。ミニトマトを2つに切って、断面にキビ砂糖をふりかけてから焼いているのがミソです。濃厚味に仕上がりました。

 仕上げには、京都・天橋立みやげにもらった竹中罐詰のオイルサーディンをトッピングしました。

 テーブルセッティングして客を待ちました。

 最初に出したのは、タイのカルパッチョです。
 食べる前にオリーブオイルをかけ、すだちを搾っていただきました。

 スパークリングワインの白を開けました。

 スティックサラダです。
 ディップは、味噌・マヨネーズと明太子・マスカルポーネの2種です。

 タコのアヒージョも欠かせません。舞茸を入れてます。
 バケットをオリーブオイルに浸していただきます。

 トルティージャも焼きました。
 ジャガイモと玉ねぎを薄くスライスして、オリーブオイルで蒸し焼きにします。
 タマゴ5個に柔らかくなったジャガイモなどを混ぜ込んで、フライパンで焼きます。
 周辺から焼けて固くなってきたら、大きな皿をかぶせてひっくり返します。数回、繰り返します。
 うまく焼き上がりました。

 メーンの肉料理は、豚ヒレのソテーです。前日に作っていたキノコソースに生クリームを加えて添えました、

 さすがに満腹です。
 ワイン、ビール、ハイボールと飲み継ぎました。
 ちょっと休憩してから、パスタで仕上げました。

 コーヒーまで飲んで話し込みました。
 わたしの作りなれたレシピをフル動員してのコースでした。

自分でつくる 醤油バジリコ風

 新聞社勤務時代、東京出張の折には必ずといってほど食べた大手町地下街のロメスパ、なかでも醤油バジリコが食べたくなりました。太さ2.2mm、茹で時間16分という太いスパゲティをゲットしたからです。
 豚肉が入っていたことは覚えてますが、あとは適当に見繕いました。味付けはニンニク醤油です。
 もっちりと食べ応えがある麺です。懐かしいお味に仕上がりました。 

 ネットで購入しました。なんとヨドバシカメラのサイトに並んでいます。カメラや電化製品だけでないのです。

 本家のリトル小岩井のレシピは、豚肉、海老、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム、大葉、ニンニク風味です。
 用意した具材とはだいぶ違いました。バジリコといいながら、大葉です。わたしはベランダからもいできたバジルです。

 リトル小岩井