大阪・道頓堀 「今井」のきつねうどんと「フェルメール展」

 大阪・天王寺の大阪市立美術館で開かれている「フェルメール展」を見に行きました。その前に、主催している産経新聞社の大阪本社(浪速区湊町)で「栄光のフェルメール 17世紀オランダの光と影」という篠雅廣・市立美術館長の特別講演を聴いて、予備知識を充填しました。
 久しぶりの「なんばの昼食」は、奥さまのリクエストで道頓堀の「今井」に行きました。ここに来れば、これしかありません。ま、そんなだけではなくメニューにはたくさん並んでますが、「きつねうどん」(810円)です。
 大阪のうどんです。昆布がよく効いた自慢の出汁です。揚げは、甘口です。讃岐うどんのように麺が主張するのではなく、主役は出汁です。おいしく最後まですすりました。

 「おうどんだけでは ちょっと物足りない方へ」というサイドメニューの「Aセット」(540円)も頼みました。かわいいご飯に漬物、小鉢、デザートがついてます。
 小鉢は菊菜のぬたでした、こちらも上品な味付けでした。

 デザートは夏ミカンのゼリーでした。口がすっきりとしました。

 この店だけが、今や周辺からは別世界です。

 道頓堀 今井 本店
 050-5570-5507
 大阪市中央区道頓堀1-7-22

 道頓堀は、インバウンドも含めて若者らでにぎわってました。長い行列ができているのは、なんとあちらもこちらもたこ焼き屋でした。

 大阪市立美術館にやって来ました。きょうもよい天気でした。

 フェルメールの6作品が並んでました。
 パンフレットの表紙になっているのは、日本初上陸の「取り持ち女」でした。美術館では、通路の先に鮮やかな赤と黄色が飛び込んでくるような、絶妙な配置で展示されていました。
 講演会での説明で、見るべきポイントを押さえており、右手のデカンター(?)の位置などを、興味深く鑑賞しました。
 ドレスデンの国立古典絵画館で見たことがあり、懐かしい再会でした。
 これまでにフェルメールは、アムステルダム国立美術館、ベルリン絵画館、ドレスデン、ウィーン美術史美術館、それに東京、京都で見ています。オランダ・ハーグのマウリッツハイス(美術館)は、目の前まで行ったのに、その日が年に一度の国王パレードで休館だったのが心残りです。

 天王寺公園は、わたしの学生時代と比べるとずいぶんときれいになっています。「慶沢園」に入ってみましたが、ウメはそろそろお終いでした。

 黄色いアセビヒイラギナンテン(花に詳しい方からご指摘を受けました。確かに葉がヒイラギです)が咲いていました。

 池に、美術館が反射していました。

大阪・なんば 「なみ一」の今日の定食

 なんばにある会社の診療所に、月に1回の薬をもらいに行く日でした。昼飯は裏なんばまで歩いて、行列がなかったので「なみ一」にしました。
 カウンターに座ると、黙っていても「今日の定食」(680円)が出てきます。それしかありません。きょうはチキン南蛮でした。
 自慢のタルタルソースをたっぷりとかけていただきました。

 土鍋のご飯がカウンターにドーンと登場。自分で盛っていただきます。厳選した国産米です。ご飯がおいしいと、すべてがうまいです。

 外に出て、看板を写していて気が付きました。本日のそうざいに、そうめんのピリ辛和えというのがあったのです。
 そういえば、わたしが食べ終わったころに入ってきた客が、向こうの方にあった大皿から、トマトスパゲティのようなものを取ってました。ちょっと声をかけてくれたらよかったのに。

 サービス券は、ラミネートでコーティングした手作りでした。

 久しぶりにカテゴリーは「なんばの和食」です。
 この店も「和菜 七三一」と名乗ていたころに食べてから7年以上が過ぎてます。

 なみ一
 06-6645-6240
 大阪市中央区難波千日前7-4

大阪・なんば 「珉珉 南千日前本店 」のジンギスカン定食と餃子

 会社の診療所に、月に1回の薬をもらいに行きました。昼飯は、千日前をブラリとして珉珉 南千日前本店に入りました。
 珉珉の、といってもあちこちにあるチェーン店で食べる「コーテル・リャンガー、パオロー・イーガー」は、若かったころのB級グルメの王道でした。もう餃子2人前は頼みませんでしたが、ジンギスカンはサラダ、スープ、ご飯のついた定食でした。
 黒板のメニューにもジンギスカンとあり、爆羊肉(パオロ―)の文字は見当たりません。札幌のジンギスカンとはちょっと違って、たっぷりのタマネギと炒めている料理です。せめて並列表記は残してほしいところです。

 ニンニク餃子発祥の店です。隣とくっついている薄い皮に包まれた焼き餃子は、時たま、無性に食べたくなる味です。

 黙っていても「黒ラベル」です。餃子のタレを準備して、焼き上がるのが待ち遠しです。

 わたしより4つ、若いだけです。「餃子の珉珉」の総本山です。

 珉珉 南千日前本店 
 06-6641-6088
 大阪市中央区千日前2-11-25

大阪・難波千日前 「けむり屋」の500円ランチ

 このところ、ほとんど更新されることがない「なんばの昼飯」です。久しぶりに裏なんばまで行ってみました。ごはんがおいし店、野菜カレーが自慢の店と、どこもいいですが、きょうは「けむり屋」にしました。なにせ月に1回、第3火曜日は780円のランチが500円になっているのです。偶然にもそんな日にめぐり合わせたのですから。
 その「500円ランチ」の中から「おかず2種、日替わりランチ」にしました。マーボー豆腐と蒸し鶏でした。

 おいしいスープとご飯がついて、満足です。

 生ビールも頼みました。目の前にはボトルが並んでいる店です。
 これを飲んでも1000円札でおつりが返ってきました。

 みなさん、この日をご存知なようで、2階のカウンター5席も、すべて一人客で埋まってました。

 裏なんばという呼び方ができたころからある、いまや古参ともいえる店です。

 けむり屋
 06-6633-5099
 大阪市中央区難波千日前6-12

 

大阪・なんば 「TABLE あじと」の「自家製パンと野菜プレート」

 大阪・湊町の新聞社に行きました。健保組合とはまだお付き合い(任意継続)があり、診療所に血圧の薬を定期的にもらいに行ってます。帰りはすっかりと変わった「裏なんば」を散歩しました。
 「DINING あじと」の前をまっすぐ行くと、「TABLE あじと」という店ができてました。姉妹店でしょう。「自家製パンと野菜プレート」の「Bセット」(980円)にしました。ベーコンとスクランブルエッグです。
  分厚いベーコンがあぶってあります。たっぷりとマスタードをつけていただきます。とろりとした脂身がいい味です。

 サラダの人参は金時と西洋の2種類。ビーンズにレンコンと、食べごたえがあります。

 大きくカットしたバケットです。もっちりとおいしいです。

 これも外せません。Heinekenです。「東京ブラック」という地ビールがお薦めです。

 「鉄板 de ナポリタン」も食べてみたかった。

 TABLE あじと
 06-6633-1122
 大阪市中央区難波千日前8-6

 向こうには行列のラーメン屋もできてます。さらに先の行列は、むかしからある「肉吸い」で有名なうどん屋です。

大阪・なんば 「brasserie boo jr.」のタンドリーチキンと蒸し焼き野菜のランチセット

aIMG01008

 なんばでの昼飯です。なんなんタウンを久しぶりに歩きました。「自然派ワインとタンドリーチキンのお店」ができてます。
 「タンドリーチキンと蒸し焼き野菜のランチセット」(918円)を頼みました。

aIMG01001

 カリッと揚がった皮の下は、柔らかくてジューシーな肉です。上手に料理されてます。
 蒸し野菜も、オイル仕上げですが、単純に野菜の味がします。

aIMG01024

 裏側は、スパイシーな香辛料をまとってました。

aIMG00998

 グラスワインも手ごろな価格です。飲みたい。

aIMG01030

 brasserie boo jr.なんなんタウン店
 大阪市中央区難波5 なんなんタウン7号
 06-6641-1159 

人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・日本橋 「豪快 立ち寿司」の海鮮丼

aP2970457

 なんばでの昼飯です。そういえば、前回歩いたときに、こんなとこに「立ち寿司」があると発見した「豪快 立ち寿司」です。「豪快」とつくのが、何店かに増えている「立ち寿司」の何号店かです。カウンターの兄ちゃんが、常連さんと「2号店はどうの・・・」とか話してました。
 頼んだのは「海鮮丼」(800円)です。看板に偽りなく、豪快な切り身が載ってます。ひと口で頬張ると、魚を食べてるという満足感にひたれます。看板に偽りありは、立たなくてもよいことです。ゆっくりといただけます。

aP2970436

 ご飯は、すし飯ではなく、あたたかな白飯でした。こちらも食べ応えがあります。
 赤だしは、アラが出汁になってます。 

aP2970460

aP2970465

 日本橋筋をはさんで向こうは黒門市場です。
 日本橋の立ち寿司

 豪快 立ち寿司
 080-3509-5522
 大阪市中央区日本橋2-5-20

人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・難波千日前 「けむり屋&Flower」のチョイスランチ

aIMG01033

 なんば本社での会議の前に昼飯です。裏なんばまで行ってみました。「けむり屋」は、久しぶりです。初めての2階に上ると、広いしゃれたスペースでした。
 「チョイスランチ」(780円)の「本日の日替わりメニュー1品」はエビのトーチー炒めでした。もう一品は鶏の唐揚(ユリンチソース)にしました。
 エビが、たっぷりのフクロタケやタマネギなどとともにトーチーで炒められてます。

aIMG01016

 スープをすすっただけで、その店の味がわかります。ここは正解です。

aIMG01043

 ユーリンチーというよりは、まるまる唐揚げだなと改めてメニューを見ると、ウソ偽りなく唐揚げと書かれています。ソースか塩かという違いでした。それにしてもボリュームたっぷりです。5切れも入ってました。これ1品で立派な唐揚げ定食になります。

aIMG01011

aIMG01013

 カウンターに座りました。目の前に広がる光景です。中華の店のつもりでしたが、すっかりカフェバー風です。店名も「けむり屋&Flower」と変わってました。

aIMG01046

 これまでのけむり屋

 最初にこの店にやってきたときは、うらぶれた路地のしもた屋の1階を改装したような小さな店でした。裏なんばなんて呼び名も存在しませんでした。すっかり人気の通りになってます。

 けむり屋&Flower
 06-6633-5099
 大阪市中央区難波千日前6-12
 

人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・稲荷 「まる」の本日のランチ

aIMG01007_edited-1

 なんばでの昼飯です。時間はあります。久しぶりに南に向いて歩きました。うどん屋がラーメン店になっていたり、閉店していたりで、あそこと思って転進した先は臨時休業でした。暑い中を歩き回って、懐かし「〇」ののれんで落ち着きました。「こだわり居酒屋 まる」です。7年ぶりです。
 「本日のランチ」(730円)から挽肉オムレツを頼みました。
 玉ねぎにじゃがいも、ピーマンにシメジが入ったオムレツです。スプーンが付いているのが親切です。
 玉子とケチャップの組み合わせ。味もそうですが、カメラ写りもいいです。

aIMG01000_edited-1

 昔は、小鉢を2つ選ぶシステムでしたが、変わったようです。
 モズクの汁がうまいです。

aIMG01017

aIMG01014

 これまでの「まる

 まる
 06-6562-5398
 大阪市浪速区稲荷1-12-17

人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。

大阪・なんばウォーク 「ローマ軒」のペペたま

aIMG01056_edited-1

 焼きスパの「ローマ軒」です。ロメスパともいいます。なんばウォークのこの店は2度目です。まだ食べてないメニューはと探して、「ペペたま」(570円)です。「釜たま風」とあります。ペペはペペロンチーノでしょうか。
 とりあえず、強火のフライパンで気持ちよく水分が飛んだ焼きスパです。タカノツメもニンニクも入って、ペペロンチーノの面影も残ってます。

aaIMG01041

 フライパンを煽った最後に、生タマゴを2個も放り込んで、ざっとかき混ぜればできあがりでした。釜たまのようにトロリとはしていませんが、いいつなぎになってます。小松菜もシャキシャキに仕上がってます。

aIMG01061

 粉チーズを、ドバーッと振りかけました。ちょっとマイルドな味になりました。

aIMG01034

 業務用(?)の大きなタバスコもありましたが、タカノツメがよく効いているので不要でした。

aIMG01029

 ランチのセットもありますが、単品ではちょっと高いペペたまは、そのチョイスには入ってません。単品で頼みました。

aIMG01062

 やはり泡といっしょにいただきたいです。のどが渇きました。

 これまでのローマ軒

 ローマ軒 なんばウォーク店
 06-6211-0383
 大阪市中央区千日前1 なんばウォーク3番街

 「そばでも食べるか」と、別の店を目指してました。ところが、シャッターが閉まったまま。繁盛していると思ってましたが、閉店のようです。麺は麺でも、時代の流れでしょうか。

人気ランキング・アップへの応援をお願いします。下のバナーをクリックしていただくと、1票です。