グラーツ・エッゲンベルグ城の魅力と「豊臣期大坂図屏風」

 大阪城がオーストリア第2の都市、グラーツにあるエッゲンベルク城と友好城郭提携を結んで10周年となる11月2日、大阪歴史博物館で開かれた記念フォーラムを聞きました。
 グラーツからやって来た博物館長や学芸員が、グラーツの魅力や「大坂図屏風」があるエッゲンベルク城の城主などについて説明しました。残念ながらパワポの画質が悪く、説明も通訳は事前に用意されたテキストを読み上げているだけといった印象でした。
 広い会場は、わたしと同年配のいかにもヒマなリタイア組らで満員でした。それが、あちこちでコクリとしていました。
 この催しはエッゲンベルグ城と「グ」と表記していますが、わたしはこれまでエッゲンベルク城としてきました。

 エッゲンベルク城は、9月に訪れたばかりです。「エッゲンベルク城の『大坂図屏風』」に書いています。
 このときは英語のガイドツアーに入りました。おかげで「大坂図屏風」と対面できました。でも説明の方は、あまり理解できませんでした。もう一度、じっくり理解したかったのです。
 

 大阪城天守閣の北川央館長の話になると、がぜん、おもしろくなりました。やはり日本語です。
 豊臣期に城は黒色、徳川期は白色という通説はウソ。という説明の結論は、屏風の大坂城は白黒のミックスです。再建された大阪城も白黒です。これで正解です。
 屏風では大坂城を正面にして「極楽橋」(赤丸印)がかかっています。橋には壁があり、屋根には櫓が載っています。この櫓が、後に徳川家の命で豊国神社(京都)に移築され、さらにびわ湖に浮かぶ竹生島に移されたそうです。
 北川館長らのこんな分析から、屏風が慶長元年(1596年)から同5年の間の大坂を描いていると時代特定がされたのです。

 西国巡りをしていた時(2008年)に訪れた竹生島です。移築された唐門を記録していました。これが屏風に描かれた極楽橋の現存する姿だったのです。

 エッゲンベルク城でもらったのと同じ日本語のパンフレットを資料としていただきました。
 屏風の画像は、このパンフレットのものです。

 馬場町の交差点の南西角に立ってます。この辺りの景観は、大阪府警などわたしが新聞記者時代に毎日のように通っていた時とはすっかりと変わりました。大阪府庁だけはそのままでした。

 大阪歴史博物館
 大阪市中央区大手前4丁目1-32
 06-6946-5728

 大阪府庁前から見る大阪城は、あたりまえながら同じでした。

グラーツで見かけた My Shot

 グラーツで見かけた思い出のショットです。
 「大坂図屏風」が残るエッケンベルク城では、ウェディングが行われていました。
 お祭りだったのか、旧市街では多くの伝統衣装を着た人とすれ違いました。

 双頭の鷲が飾られた宮廷御用達の老舗パン屋です。でも休みでした。

 若者も、伝統衣装で。

 8年前に独りでやって来たときに昼飯を食べた広場のカフェが健在です。

 グラーツ中央駅の地下トラム乗り場で。

 きれいに整備された中央駅。

 にぎわう旧市街広場。細い道をトラムは走る。

 シュロスバルクに立つ時計塔。

 茶色い屋根が連なる旧市街を見下ろす。

インスブルック マルクトハレは真っ赤っか

 マルクト・ハレは新鮮な食材が並ぶ屋内市場です。真っ赤なトマトやザクロの実ではないかと思える小粒の赤い粒、旬を迎えるボルチーニ茸なんかが並んでいました。画像は改めてー。
 と、インスブルックで書いてました。そのトマトなんかの真っ赤な画像です。
 イン川沿いにある新鮮な食材が並ぶ屋内市場です。ここでマルガリータを食べ、Strumを飲みました。

 これがザクロ? いえ、独和辞書で調べると、コケモモ。

 Ribiselはスグリ。

 これはニンジン。好物のニンジン葉もついている。

 トマトにパプリカ。どれもカラフル。

 リキュールも気になる。

 上から下まで、みんなパスタ。

 クネーデルでしょう。パンをつぶしてこねたチロルの郷土料理。

 魚もいます。

 花屋もあります。

 ついでに入った地下のトイレは有料。でも窓口は無人で、だれも料金箱に50セントを投げ込まなかった。わたしは律義に払いました。

 市場を出ると、走ってきたトラムも赤色です。

エールフランス 帰国便の機内食

 帰りの便は、ベルリンからパリ経由のエールフランスでした。初めてのキャリアでしたが、機内食もサービスもなかなかのものです。
 メーンの食事は、カレーライスでした。温かなご飯に、懐かしいカレーです。白ワインといただきました。
  ウェルカム・ドリンクも白でした。

 ハイネケンも飲んでます。

 こちらはベルリン-パリ便。短いフライトでしたが、ビスケットと飲み物のサービスがありました。

 パリ上空まで飛んできました。

  CDG(シャルル・ド=ゴール空港)に初めて降り立ちました。

 パリも初めてです。1日くらい、滞在してもよかったです。

 食事のメニューが配られました。

 食後のコーヒーと、なんとコニャックです。

 アイスも出てきました。ただし、ピンボケです。

 映画は、有村架純の「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」を見ました。音楽のページには、アリス=紗良・オットのみやげに買った1枚が入っていました。

 日本近海まで戻ってきて、朝食でした。温かな卵料理です。最後まで、おいしくいただきました。

ベルリンの響き ロウヴァリとアリス=紗良・オットがラヴェルのピアノ協奏曲で共演

 ベルリン・フィルハーモニーのアーカイブで、「ロウヴァリとアリス=紗良・オットがラヴェルのピアノ協奏曲で共演」が公開されています。
 ベルリンでの感動のコンサートです。わたしは初日20日に聴きました。この画像は同じプログラムの21日の収録です。

 ベルリンのクラリネット、ヴェンツェル・フックスがインタビューしてます。紗良の生き生きとした表情が素敵です。

 ベルリン・フィルハーモニー ベルリンの音と天女の響き

ウィーン アパートメントホテルの住み心地

 【Day 7th 2019/09/13】
 ウィーンで7泊したアパートメントホテル、Aparthotel Adagio Vienne Cityです。長期滞在を前提に、部屋にキッチンなどを備えています。
 ウィーンでの最初の1日は、美術史美術館でゆっくりとした時間を過ごし、シュテファン大聖堂前でアイスクリームをかじってホテルに戻りました。
 インスブルックからの移動でちょっと疲れていました。部屋で夕食にしました。
 ホテル近くのスーパー、Billaで買ってきたスパゲティ・ボロネーゼを茹でました。それだけのことですが、緊張を強いられる外食から逃れられます。

 パスタのソースと勘違いして、パスタも買ってきましたが、ショートパスタ入りでした。

 別の日の夕食です。
 日本から持ってきた「サトウのご飯」とみそ汁がうれしいです。

 冷蔵庫も、バターにミルク、タマゴ、パプリカ、生ハム、チーズ、生野菜、トマト、イチゴ、水、オレンジジュース、ワイン、缶ビールとなかなか充実させています。  

 コンパクトですが、電磁調理器、冷蔵庫、電子レンジ、食器洗い機、それに食器やフォーク、鍋にフライパンとひと通りはそろっています。
 ただし、調味料の類はありません。塩はみやげに買っていたのを開けましたが、困ったのが油です。これがなければ目玉焼きも焼けません。一番小さな瓶入りを買いましたが、ほとんどが残りました。バターも、日本のコンビニで売っているような小さなのは見つかりませんでした。

 最初に「サービス」といって通された部屋は、ベッドルームが別室で、リビングも広かったです。
 でも、こちらに代えてもらいました。ロッカーには、アイロンとアイロン台もありました。

 バスタブが欲しかったのです。やはり、1日の終わりにはゆっくりと湯につかりたいです。
 部屋の掃除は、頼まなければ(有料)ありません。部屋を散らかしたままでも外出できるので、それはそれで気楽でした。

 地下にはコインランドリーがあります。インスブルック以来の汚れ物をまとめて洗いました。
 洗濯に1時間ほど。乾燥にも同じくらいの時間が必要です。待ち時間に、ホテル近くの郵便貯金局を見学に行きました。

 オットー・ワーグナーのウィーン世紀末を代表する建築物です。100年前のデザインとは思えません。

 シュテファン大聖堂を仰ぎ見るのも4回目になります。

 あまりの暑さに、アイスクリームをかじりました。

 リンク沿いにあります。ここ「定宿」としたいですが、ウィーンに再びやって来る日はあるのでしょうか。

 Aparthotel Adagio Vienne City
 Uraniastraße 2, 1010 Wien

ウィーン→ベルリン LCCで飛ぶ

【day 13rd 2019/09/19】
 ウィーンからベルリンへの移動は、LCCのeasyJetを使いました。
 大阪→インスブルック、ウィーン→ベルリン→大阪というルートを、格安航空券のネット検索サイトで調べました。ところがこの全区間を運航しているキャリアはルフトハンザくらいしかありません。ウィーン→ベルリンを除くと、ぐっと選択肢が広がりました。
 easyJetは英国を本拠とする欧州LCCの代名詞的存在です。スペインで利用したライアンエアと双璧のようです。

 ウィーンとさようなら。

 ベルリン・テーゲル空港に降り立ちました。easyJetのオレンジ色がズラリと並んでいてびっくりしました。

 ウィーンのシェヴェヒャート空港までは、いくつかのルートがあります。時間はあったので、シニア乗車券が使えるOeBBにしてミッテ駅で列車を待ちました。
 隣のホームから、同じレールを走る私鉄のノンストップ・CATが出発していきました。特別料金が必要です。

 おしゃれなシェヴェヒャート空港です。みやげのチョコレートを買いました。

 チェック・インはスムーズに進みました。
 スーツケースが2個あるので、最初から預託手荷物の追加料金を支払っていました。

 1時間20分の飛行でした。座席は、それほど狭くは感じませんでした。これくらいなら、飲み物などのサービスなしでも大丈夫です。
 テーゲル空港では、沖留めのバス移動でした。
 LCCだからというだけではなく、古くて小さいテーゲルの設備のためもあるのでしょう。

 バッゲージ・クレームの回転レーンも小さいです。

 わたしのスーツケースは2番目に、もう1個もすぐに出てきました。

 ネット予約し、ネット送信されてきたファイルをプリントアウトして持参した搭乗券です。
 ネットでのeasyJetに対する評価はいろいろですが、わたしは価格からすると十分でした。

ベルリンの朝 STAUBで保温

 ベルリンで2泊したポツダム・プラッツ近くのホテル、Grimm’s Potsdamer Platzの朝食です。
 色とりどりのSTAUB(鋳物ホーロー鍋)が並んでます。開けてみると、温かな卵料理です。ベーコン入りだったり、トマト入りだったり。これは保温にもなってアイデアです。
 サーモンと葉野菜、トマトとモッツレラも並んでました。スイカは食べてません。

 サーモンには、何かのハーブが巻き込まれていて、さっぱりとおいしかったです。

 機能的なホテルです。
 部屋にはベランダがあり、そこのテーブルには灰皿が載ってました。部屋は禁煙です。

 Grimm’s Potsdamer Platz
 Flottwellstrasse 45, 10785 Berlin

 最寄りUバーン(地下鉄)のバーソロディー・メンデルスゾーン・パーク駅から一駅でポツダムプラッツでした。

 2日目の朝は、出発が早くてホテルの朝食を食べていては間に合いません。タクシーを呼んでもらい、テーゲル空港に向かいました。
 2012年に利用したときから、「もうすぐブランデンブルク空港ができる。そうすれば廃港」といってました。15年も同じでした。今回も、まだテーゲルです。

 朝日が昇ります。

 帰りはエールフランスでパリCDG(シャルル・ド=ゴール空港)経由でした。

 エコノミーの手荷物は23キロまで。セーフでした。お土産のこまごましたのを詰めたとはいえ、予想より重たかったです。0.5キロの缶ビールも詰まってます。

 チェックインでさんざん待たされ、ゲートに入ってほっとしました。といっても、テーゲルのゲート内には、コンビニに毛が生えたくらいのショップが1店あるだけです。
 コーヒーとクロワッサンでやっと朝食にありつきました。

イェンバッハ 3つのレールの結節点

 イェンバッハはインスブルックからOeBBの特急で東へ15分ほど。人口7000人ほどの町です。ここから南と北に2つの私鉄が走っています。
 ツィラータールバーン(Zillertalbahn)は、南に32キロのマイアーホーフェンまでを結んでいます。
 週に何日かはノスタルジックな蒸気機関車が1日1往復、運行されるようです。残念ながら運休日で、SLの姿はありません。

 SLに似合いそうなクラッシックな客車です。

 イェンバッハのOeBBのホームには、2つの鉄道への案内があります。

 アッヘンゼーバーンは、OeBBの横にあるホームから出発します。

 インスブルックから乗ってきたOeBBのレギオナル・ツーク(各停)です。

 車窓からは、雪を覆った尖った山々が連なって見えて、飽きることがなかったです。

 帰りのホームです。
 東に行けば、ドイツのミュンヘンです。
 西に行けば、インスブルックを通ってイタリアのボローニャです。

 かわいらしい駅ですが、駅前には何もなさそうです。

 ボローニャ行きのオイロシティー(EC)がやってきました。