X’masマーケットを楽しむ ウィーンの旅

 12月になると、ヨーロッパの町のあちこちでクリスマス・マーケットがにぎやかになります。オーストリアのウィーンでも、市役所前広場やシェーンブルン宮殿など、あちこちがイルミネーションに輝きます。
 夫婦で訪れる5回目のウィーンです。このシーズンは初めてです。
 音楽も楽しみにしています。ムジーク・フェライン(楽友協会)で、アルゲリッチ(ピアノ)、ミッシャマイスキー(チェロ)らのピアノ三重奏曲「ある芸術家の思い出のために」(チャイコフスキー)を聴きます。
 メーンイベントは、モーツァルトが亡くなった同じ12月5日の同じ時間にモーツァルトの結婚式も葬儀も行われたシュテファン大聖堂に響く「レクイエム」です。深夜の午前零時から始まります。そのため、この夜は大聖堂近くにホテルに泊まります。この演奏を指揮するがのが、なんとピアニストにして指揮者も目指している反田恭平です。実は反田クンを追っかけてウィーンにまで、というわけです。

 ウィーンは数日前に初雪が降ったそうです。その寒さに耐えられるかが気がかりです。
 モンベルのメリノウールやユニクロのヒートテックの超極暖下着を準備しました。使い捨てカイロもドッサリと買い込みました。

 航空券は格安エコノミーを探した結果、今回は初めて乗るEVA AIR(台湾)になりました。まずは関西空港から台北に飛びました。

  今日の関空は、これまでにない大混雑。インターネット・チェックインは済ませていましたが、手荷物預かりは長蛇の列。1時間半も待たされました。さらに保安検査もまたもやの長い列。ボーディングの時間が迫ってきて気にしていたら、EVA AIRの係員が別の窓口に案内してくれました。搭乗口では待つことなく機上になりました。

 というわけで、すでに台北の桃園空港です。3時間ほど待ってウィーン行きに搭乗します。行ってきます!!

京都・西山 花の寺(勝持寺)の紅葉

「花の寺」として知られる勝持寺です。西山連峰の小塩山の麓にあります。
 西行桜も素晴らしいですが、秋の紅葉もまた素敵です。
 今年は、紅葉を愛でる間もなく、季節は一気に冬が到来しそうです。その前に、真っ赤に色づいた樹々をレンズで追いました。
 ジンバルを使って動画も撮影しました。著作権フリーのピアノ音楽もつけて、あれこれ遊んでいます。

 小塩山大原院勝持寺は、白鳳8(679)年に天武天皇の勅によって創建された古刹です。塔頭四十九院が建立されまたが、「先の戦」の兵火に遭い、仁王門を除いてすべてが焼失しました。この戦って、15世紀半ばの応仁の乱のことです。

 勝持寺
 075-331-0601
 京都市西京区大原野南春日町1194

 坂を下っていくと大原野神社があります。

東寺のライトアップ ジンバルで撮る

 「ジンバル」をゲットしました。
 YouTuberらが、歩きながら棒の先に固定したカメラやスマホであたりをヌルヌルと映しているアレです。カメラのブレを抑えて、スムーズな動画が撮影できます。
 遅れていた今秋の紅葉も、ようやく見ごろを迎えつつあります。
 京都・東寺もライトアップされています。温かな日和もきょう限りという天気予報に、ジンバルとカメラをバッグに入れて出かけました。

 初めて本番撮影に使用したジンバルです。

 ジンバルの先にはスマホを固定しています。わたしのスマホ(PIXEL5A)は、「機種変月額1円」で手に入れたものです。10数万円もするiPhonなどとは比べようもありません。それでも、期待以上に映るものです。

 ジンバルを動かす速度や、対象物への焦点の合わせ方など、まだまだ勉強することは多いです。

 3つの動画は、こんな感じで映しました。
 3極ジンバルといって、3つの電動関節でカメラを揺れなく、いつも水平に保ってくれます。旧型の中古です。
 ヤフー・フリマで送料込み3K円ということで、ダメ元で試してみようと衝動買いしました。

 静止画は、使い慣れたコンデジ(コンパクト・デジタルカメラ)のLUMIX LX100M2です。

 F1.7-2.8と明るいレンズがついているので、夜間撮影も手持ちで大丈夫です。

 月も輝いていました。

 五重塔が池に反射していました。

 京都タワーの背後に青白い光の帯が走っています。清水寺のライトアップで、西方浄土を照らしています。

 ライトアップの招待券は、友だちにいただきました。ありがとう。
 開門の午後6時前に車でやってきました。行列が塀に沿って大宮通りから九条通りに曲がってつながっていてびっくりしました。駐車場も車の列でしたが、広い境内に駐車スペースも多く、あまり待たずにすみました。

自分でつくる カキのぺペロンチーノ

 カキがおいしいシーズンです。残ってたカキをぺペロンチーノにしました。
 オリーブオイルにニンニクの香りを移し、カキとマッシュルームを投入。白ワインをかけて軽く煮込みました。いったんカキを取り出してパスタが茹で上がるのを待ち、あとは一気に和えるだけでした。
 ちょっと彩には欠けますが、うま味は抜群です。タカノツメの赤がワンポイントです。 

 プリップリッのカキです。濃厚カキ味のミルクです。

 刻んだのはマッシュルームとニンニクだけです。

「マナスル報告会」でかほちゃんとツーショット‼

 「かほの登山日記」ですっかり虜になってしまったYouTuber、かほちゃんの「マナスル登頂報告会」が、大阪・都島区のイベントスペースで開かれました。
 登山系YouTuberとして登録者数が30万人を誇るナンバー1の人気アイドルです。ヒマラヤの8000㍍峰、マナスル(8163m)の登頂を明るく語るかほ節と、ネパールの村々や荘厳な山々の美しい画像の世界に引きずりこまれました。
 ファン・サービスで、記念撮影会もありました。やにさがったわたしも、そこにいまいた。
 *画像の一部に、プロジェクター光線の具合か虹のような色の帯や影が入っています

 「こんにちは かほです!」のいつものホーズを決めてくれました。

 9月27日にマナスルのピークに立ったかほちゃんとシェルパの画像です。
 現地報告のYouTubeで見たことがありますが、酸素の希薄な山頂で平気な顔をしてカメラに向かうかほちゃんのYouTuber魂にびっくりしました。

 マナスルは1956年に、日本隊によって初登頂されました。
 わたしは記念切手が発行されたことを覚えています。

 メスティンを使った山飯の紹介などでかほちゃんのYouTubeを登録して、欠かさず見るようになりました。
 それが、あれよあよとクライマーの道へ一直線。モンブラン、キリマンジェロ、アコンカグアと世界のサミットを制覇しています。
 驚くことに、いや当然の流れか、来春には世界一のエヴェレストを目指すそうです。

 サービス精神旺盛なかほちゃんです。

 かほちゃんがコラボしているアミノ酸補給剤などをプレゼントされました。

 元病院という収容20数人の広くはない会場でしたが、ファンでいっぱい。愛媛から高速バスでやってきたという男性もいました。

滋賀・守山 佐川美術館ミュージアムカフェの比叡とろ湯葉そば

 滋賀・守山のびわ湖畔にある佐川美術館で「ガウディとサグラダ・ファミリア展」を鑑賞しました。
 ちょっと疲れて、ミュージアムカフェでそのまま昼食にしました。選択の余地はなく「比叡とろ湯葉そば 鶏ごぼうごはんセット」(1630円)です。
 「温」を頼むと、湯がかれたそばと出汁が別に出てきました。

 熱々を注ぐと、豆乳が湯葉になるというわけです。口あたりの優しい味わいです。
 

 そばはも柔らかいです。
 いつもならアクセントに七味をふりかけるところです。そんなものはありませんでしたが、満足して出汁まですすりました。

 炊き込みご飯もおいしかったです。

 コーヒーがセットです。京都・三条のイノダコーヒです。

 奥さまは「生ハムのクロワッサンサンドプレート」でした。トルティーヤが柔らかくておいしかったそうです。

 中庭に面したゆったりとしたスペースです。

 池の向こうに比良の連山が頭をのぞかせていました。

 「ガウディとサグラダ・ファミリア展」は、アントニ・ガウディ(1852-1926)の建築思想と造形原理を、バルセロナのサグラダ・ファミリアに即してわかりやく見せてくれました。なかでも「コローニア・グエル教会堂、逆さ吊り実験」などには、目が釘付けになりました。
 サグラダ・ファミリアは2026年には完成予定です。もう一度、行ってみたいという思いが募りました。その時は、バルセロナに点在するカサ・ビセンス、グエル公園、カサ・バッリョ、カサ・ミラなどのガウディ作品もゆっくりと見たいものです。

 「蝦夷鹿」(佐藤忠良作)の向こうの紅葉が美しいです。

 平山郁夫などの常設展がありますが、2度目の今回は失礼しました。

 佐川美術館
 滋賀県守山市水保町北川2891
 077-585-7800

京田辺 JR学研都市線の3つの「まんぼ」を巡る

 京田辺では、いくつもの天井川が木津川に流れ込んでいます。その下にレンガ造りのクラシックなトンネルがあって、JR学研都市線(片町線)の電車が走り抜けます。
 「まんぼ」と呼ばれています。わたしの住む北摂では「まんぽ」と半濁音となり、鉄道と川、または道路との関係は逆になりますが、横穴という意味では同じ建造物のようです。
 秋空の下、「撮り鉄」となってカメラをバッグに3つのまんぼを巡りました。

 同志社前-京田辺間の南側にあるのが防賀川まんぼです。比較的新しいのか、小さなレンガが整然と並んでいます。

 京田辺駅に近い馬坂川まんぼです。3連のアーチでつくられていて「みつまんぼ」と呼ばれています。トップの画像もそうですが、残念ながら両端の2つのアーチは雑木で覆われてしまっています。

 京田辺ー大住間にある天神川まんぼです。現在も上部を天神川が流れていてます。

続きを読む 京田辺 JR学研都市線の3つの「まんぼ」を巡る

自分でつくる ほうれん草のパスタ

 ほうれん草のパスタです。仕上げにだし醤油を垂らして、ちょっと和風に仕上げました。
 彩はイマイチですので、タカノツメを最後に放り込んでアクセントにしました。あまり辛くはありません。
 ほうれん草が甘くて、満足の出来です。

 キャベツとリンゴのサラダを添えました。

 コーヒーまでいれて、ゆっくりとしました。

 ほうれん草は、ちょっとだけ湯がきました。

サンタクロースがやってきた PartⅡ

 早くもわが家にやってきたあわてもののサンタクロースだけでは、ちょっと寂しいです。ツリーを3本、つくりました。
 子どもたちが小さかったころに、山で拾ってきた松ぼっくりも並べました。ゴールドにラッカー塗装してから30年はたっています。他のクリスマス・オーナメントは箱の中ですが、ひと足早くに出番です。

 ずんぐりむっくり、シャープさには欠けるモミの木です。

 最初は円錐形の木材でつくるつもりでした。でも、材料費が高くなりすぎることわかりました。
 発泡スチロールの円錐です。手芸材料のようです。何でもネット通販で手に入ります。

 大中2種あります。
 手前の木製円錐材は、工具箱から見つかりました。でも小さすぎました。

 大きい方の円錐の頭を、カッターナーフでカットして、中を接着しました。

 ベース(幹と土)は、回転凧をつくったプラボードの端材をサークルカッターで切り取って、2枚重ねしました。
 安定するよに、底に釣りの鉛のおもりを接着しました。

 てっぺんの星は、百均で見つけました。

 ツリーは深緑、ベースは茶、星は金色に塗装しました。

 サンタクロースがやってきた

 

揚がってくれるか? 回転凧をつくる

 「じーじ、今度はどんな凧を作ってくれるの?」と、孫娘が楽しみにしています。
 この正月は立体凧のヘキサゴンを、その前はヒコーキ凧をつくり、一緒に揚げました。
 図書館で凧の本を借りてきたり、ネットを検索するなどして考えました。
 でき上がったのは回転凧です。風を受けると胴体がクルクルと回転して、それに伴う揚力で舞い上がるという仕組みです。

 部屋にぶら下げて、ブロワーで風を送りました。ゆるゆると回転はしましたが、さてこれが揚がってくれるのでしょうか?

続きを読む 揚がってくれるか? 回転凧をつくる